【天王寺動物園】ホッキョクグマの赤ちゃん誕生

スポンサーリンク
天王寺動物園ニュース
飼育員 ウマ男さん
飼育員 ウマ男さん

令和2年11月25日にホッキョクグマの赤ちゃんが誕生しましたよ。

令和2年11月25日(水)20時10分、ホッキョクグマのオスの『ゴーゴ』とメスの『イッちゃん』の間に、赤ちゃん2頭が誕生しました。

天王寺動物園でのホッキョクグマの誕生は、平成26年11月25日以来6年ぶり。

 

 ゴーゴ(15歳)

平成16年12月3日 ペルミ動物園(ロシア共和国)生まれ
体重330kg 体長約2.5m
平成18年3月15日に天王寺動物園からやってきました。

 イッちゃん(6歳)

平成25年12月11日 ノボシビルスク動物園(ロシア共和国)生まれ
体重280kg 体長2m
平成27年3月28日に天王寺動物園からやってきました。

 

天王寺動物園 公式HP

 

 

アキラ

はじめまして、動物大好きのアキラと申します。私の住む福岡県には動物園や植物園があり、月に1度は動物園を訪れます。今はキリンの子どもが産まれたので成長が楽しみです。このサイトでは動物・生き物についての情報を発信していきます。

アキラをフォローする
天王寺動物園ニュース
スポンサーリンク
アキラをフォローする
地球生き物大百科

コメント

テキストのコピーはできません。