【ネコ目➁|動物図鑑】獲物を追いかけてしとめるイヌのなかまたち

スポンサーリンク
動物図鑑

ネコ目のなかまは、哺乳類の総数約5000種のうち約280種。

しなやかな体、するどいツメとキバをもち、肉を食べるのには、とても都合のいい体をもっています。体の大きさや生活スタイルは種類によってちがいます。

スポンサーリンク

どんななかまがいるの?

ネコ目は、ネコのなかまイヌのなかまの2つに分類されます。

約5000年前、ミキアスという祖先からネコのなかまとイヌのなかまに分かれました。

今回はイヌのなかまを紹介します。

イヌのなかま

イヌ科

オオカミ
タヌキ
アカギツネ

イヌ科にはオオカミ、セグロジャッカル、タヌキ、アカギツネなどいます。

イヌ科のなかまは、足が速くて、さらに長い時間走れるスタミナがあるので、獲物を追いかけてつかまえます。雑食性で、動物の肉のほかにも昆虫や果物も食べます。

 

北海道にはオオカミの亜種のニホンオオカミとエゾオオカミがいましたが、1900年ごろに絶滅ぜつめつしました。

 

クマ科

ツキノワグマ
ヒグマ
ジャイアントパンダ

クマ科にはヒグマ、ツキノワグマ、ホッキョクグマ、マレーグマ、ジャイアントパンダなど全8種います。

クマ科のなかまは、ホッキョクグマが肉食ですが、それ以外は植物を主食とする雑食です。

 

アライグマ科

アライグマ

アライグマ科のなかまは、南北アメリカに約15種類います。しっぽにしま模様があるのが特徴です。雑食性で木の実、昆虫、小動物、爬虫類を食べています。

 

レッサーパンダ科

レッサーパンダ

レッサーパンダ科は、レッサーパンダの1種のみです。1日の半分は木の上で寝ています。

 

【レッサーパンダ|動物図鑑】レッサーパンダの特徴と生態
愛くるしい顔で動物園でも大人気のレッサーパンダ。 するどい爪をもっているので木登りが得意で、一生のほとんどを木の上で過ごしています。 今回はレッサーパンダの紹介です。 レッサーパンダ レッサーパンダには生息地や特徴によってシ...

 

スカンク科

スカンク

スカンクは敵におそわれると、強いニオイがする液をかけてきます。

 

ライオン先生
ライオン先生

スカンクの白と黒のもようは『くさい武器ぶきもってるよ!』って相手に警告けいこくするためだよ。

 

イタチ科

ラッコ
カワウソ
アナグマ

イタチ科のなかまには水辺や海で生活しているラッコやカワウソ、陸の上で生活しているアナグマ、テン、イタチなどがいます。

 

【コツメカワウソ|動物図鑑】カワウソの特徴と生態
コツメカワウソは愛嬌のある顔と水の中での機敏な動きで、動物園でもお客さんに大人気の動物です。 好奇心が旺盛で見る人をいつも楽しませてくれます。 今回はコツメカワウソの特徴と生態を見ていきましょう。 イタチ科のなかま イタチ科...

 

アザラシ科

ワモンアザラシ
ゾウアザラシ

アザラシ科のなかまは、鼻がみじかく、毛がみじかいのが特徴です。前足と後ろ足がヒレのようになっていて、アシカより水のなかでの生活に向いています。

ヒレは、いつも体の後の方をむいているので陸で歩くことはできません。そのため陸の上では、足をつかわずに体をクネクネしながら移動します。

 

リン太郎
リン太郎

アザラシの赤ちゃんはみんな色がちがうんだね。

ライオン先生
ライオン先生

アザラシの赤ちゃんの体の色はすんでる場所ばしょに合わせた保護色ほごしょくなんだ。岩場では黒っぽく、雪の上では白っぽいんだよ。

 

アシカ科

アシカ
オットセイ

アシカ科のなかまには耳たぶがあり、前足と後ろ足にはヒレがあります。大きな前足のヒレをつかって水のなかを泳ぎます。陸の上では、アシカはヒレをまげて体をささえ、前足を交互にだして歩きます。

 

リン太郎
リン太郎

アシカとアザラシはどこがちがうの?

ライオン先生
ライオン先生

アシカには耳たぶがあるけど、アザラシに耳たぶはなく穴があいているんだ。あとアシカは足で体をささえるんだが、アザラシは体をクネクネして移動するんだ。

 

セイウチ科

セイウチ

セイウチ科のなかまは、アシカとアザラシの両方の特徴があります。後ろ足のヒレは前に曲がりますが、アシカのようには歩けません。泳ぐときは後足のヒレをうまくつかいます。

 

ライオン先生
ライオン先生

セイウチのキバは100cmもあるんだよ。

リン太郎
リン太郎

セイウチのキバは何につかうの?。

ライオン先生
ライオン先生

敵と戦ったり、体をささえるときにキバをつかうんだよ。

 

アキラ

はじめまして、動物大好きのアキラと申します。私の住む福岡県には動物園や植物園があり、月に1度は動物園を訪れます。今はキリンの子どもが産まれたので成長が楽しみです。このサイトでは動物・生き物についての情報を発信していきます。

アキラをフォローする
動物図鑑 哺乳類
スポンサーリンク
アキラをフォローする
地球生き物大百科

コメント

テキストのコピーはできません。