アオウミガメとアカウミガメの違い|爬虫類

スポンサーリンク
動物図鑑

水族館でも人気のウミガメ!

ウミガメは、陸に住んでいたカメが、海に入り進化したものです。ウミガメは、全部で8種類。日本の海では、アオウミガメアカウミガメタイマイの3種類を見かけることが出来ます。

甲羅が青いのがアオウミガメ!甲羅が赤いのがアカウミガメ!ではないようです。

今回は、アオウミガメとアカウミガメの違いを見ていきましょう!

スポンサーリンク

アオウミガメ

カメ目 ウミガメ科

  • 甲長  80~100cm
  • 分布  熱帯~温帯の海
  • 食べ物 海草、海藻

 

ライオン先生
ライオン先生

甲羅の下にある脂肪が青っぽい色(緑色)をしていることから、アオウミガメと名前がつきました。甲羅が青いからアオウミガメではないのですよ。

アオウミガメは草食系です。脂肪が青(緑色)をしているのは、海藻や海草を主食としているので、色素が脂肪に沈着したためです。

アオウミガメは、世界で2番目に大きいカメです。1番はオサガメ。

アオウミガメは、アカウミガメに比べて頭部が小さく顎も小さい。歯はありません。口は、海藻を噛みきりやすいようにノコギリの歯のようにギザギザです。

アオウミガメの甲羅は水のしずくのような流線形でツルツルです。

泳ぐのが速い

いつもは時速2~3kmで泳いでいますが、危険を感じると時速30kmまでスピードアップします。

休憩中は呼吸を止める

水の中で休憩するとき、5時間以上も息を止めることができます。エサを探しているときは、3~5分ごとに水面にでて息継ぎをしています

 

アカウミガメ

出典:新江ノ島水族館

カメ目 ウミガメ科

  • 甲長  70~100cm
  • 分布  熱帯~温帯の海
  • 食べ物 エビ、貝

アオウミガメの甲羅の下の脂肪の色は、黄色です。

肉食系でエビや貝などを主食としています。硬い殻を噛みくだけるように頭部は大きく頑丈で、顎も大きく進化しています。

アカウミガメの甲羅はザラザラ。甲羅に藻が生えていたり、フジツボがついていることもあります。

アオウミガメとアカウミガメを比べてみよう

頭部の額板の模様のちがい

  • アオウミガメの額板の模様は、縦に2つに分かれています。
  • アカウミガメの額板の模様は、花びらの模様です。

甲羅の形のちがい

  • アオウミガメの甲羅の形は、丸型
  • アカウミガメの甲羅の形は、ハート型

歩き方のちがい

アオウミガメとアカウミガメで歩き方が違います。

足跡でどっちのウミガメか区別できます。

  • アオウミガメは、右手と左手を交互に出して進みます。
  • アカウミガメは、両手をいっしょに出して進みます。

 

コメント

テキストのコピーはできません。