【インドライオン|動物図鑑】特徴と生態

ネコ目(食肉目)
スポンサーリンク

インドライオン

 ネコ目(食肉目) ネコ科 ヒョウ属
  学名   Panthera leo persica
  英名   Asiatic Lion

  • 体長   140~195cm
  • 尾長   70~90cm
  • 体重   120~200kg
  • 食べ物  大型ほ乳類、小動物、昆虫、爬虫類

インドライオンの分布

インドライオンは、インド(ギル森林国立公園野生生物保護区のみ)の森林や林に生息しています。

現在の生息数は、約500頭ほどです。

インドライオンの特徴

インドライオンは、アフリカライオンと比べて、やや小柄で体の色が薄く、体毛が密集しています。オスのたてがみが短いのが特徴です。

ライオンのたてがみ

オスにはフサフサのたてがみがあります。たてがみは敵への威嚇もありますが、戦いの中で急所である首を噛まれないように守る役目もあります。赤ちゃんにはたてがみがありません。1歳から生えはじめ3~5歳で立派なたてがみになっていきます。

たてがみは、年を取ると黒くなっていきます。

インドライオンの生態

食事

単独で狩りをする

アフリカライオンは、主にメスを中心とした群れで狩りを行いますが、インドライオンは森林や林の中に住み、単独で狩りを行います。

インドライオンの好物

インドライオンは、シカやイノシシを好んで食べます。これ以外にも昆虫や爬虫類なども食べます。

野生のライオンは木で爪をとぐ

獲物を一発でしとめるために日頃から爪をといでいます。普段は足に爪はしまわれていますが、木を登ったりする時に爪をだします。

生活

プライドと呼ばれる群れをつくる

ライオンには、プライドと呼ばれる群れがあります。

アフリカライオンは、オス1~3頭と血縁関係のあるメスと子どもが中心になり群れを束ねています。食べ物がない場所では4~5頭で群れをつくり、食べ物が豊富な場所では10頭以上で行動します。

インドライオンの群れは5~6頭しかいません。

オスは3歳になると群れを離れる

オスは3歳になると群れを離れて独立し、そして他の群れのリーダーをやっつけるまで放浪を続けながら戦います。

群れのリーダーをかけた縄張り争いに勝てば新しいリーダーになることができます。老いたリーダーは敗れると静かに群れを去ります。

子殺し

新しいリーダーがやってくると、前のリーダーの子どもたちは殺されていまいます。自分の子どもを産ませるためです。

子育て

インドライオンは、アフリカライオンと比べて繁殖力が低いです。交尾をして出産する確率は、500分の1です。1回につき2~3頭の子どもを産みます。

赤ちゃんライオンをくわえて運ぶ

赤ちゃんライオンはまだ自分の足で歩くことができません。なので、母ライオンは移動する時に赤ちゃんライオンの首根っこをくわえて運ぶのです。

子どもライオンは、11か月過ぎると狩りに参加して、母ライオンといっしょに行動します。

 

アキラ

はじめまして、動物大好きのアキラと申します。私の住む福岡県には動物園や植物園があり、月に1度は動物園を訪れます。今はキリンの子どもが産まれたので成長が楽しみです。このサイトでは動物・生き物についての情報を発信していきます。

アキラをフォローする
ネコ目(食肉目)ネコ科動物図鑑哺乳類
スポンサーリンク
アキラをフォローする
動物生き物サイト

コメント

テキストのコピーはできません。