【ダイアナモンキー|動物図鑑】世界一美しいサル

スポンサーリンク
動物図鑑

ダイアナモンキーは、オナガザルのなかまで世界で1番美しいサルと言われています。

ダイアナは、ローマ神話にでてくる月の女神ダイアナから名づけられました。

今回は、ダイアナモンキーを紹介いたします。

スポンサーリンク

ダイアナモンキー

霊長目 オナガザル科

  • 体の大きさ  オス53~62cm メス44~48cm
  • しっぽの長さ 70~90cm
  • 体の重さ   オス3.5~7.5kg メス2.2~3.5kg

生息地

生息地 アフリカ南西部の大西洋岸の湿地帯や川辺林

ダイアナモンキーの特徴

体毛の色

全身の毛は灰色や暗い灰色。逆三角形の顔は真っ黒、のどから胸は白色、背中は赤褐色、お尻は赤色、しっぽは黒い毛でおおわれています。おでこには三日月の形をした白い模様があります。

鼻の形

ダイアナモンキーは狭鼻猿類(きょうびえんるい)に分類され、鼻のあなの間がせまく下を向いています。

平たい爪

ダイアナモンキーの指の爪は、平づめです。親指と他の指が向かい合うようになっているので、物を持ったり枝をにぎったりするのが得意です。

 

【シシオザル|動物図鑑】ライオンのようなサル
しっぽの先端のフサフサしている部分がライオンのしっぽに似ていることからシシオザル(獅子尾猿)と呼ばれています。 顔のまわりにもライオンのようなタテガミがあります。 今回はシシオザルの紹介です。 シシオザル 霊長目 オ...
【シロテテナガザル|動物図鑑】高度な頭脳をもったサル
シロテテナガザルのなかまは小型類人猿とよばれています。 類人猿は東南アジアとアフリカに生息していて、知能が高く頭の良いサルです。 類人猿はさらに小型類人猿(テナガザル)と大型類人猿のヒト科(ゴリラ、チンパンジー、オランウ...

 

ダイアナモンキーの生態

生活

アフリカの熱帯雨林や川辺にある原始林を好みます。背の高い樹のてっぺんのやや下(地上15~20m)で生活し、地上にはめったに降りてきません。

昼行性で昼間にエサをさがしに活動をし、夜は樹の上で休んでいますすが、巣はありません。

オス1頭とメス数頭から5~50頭の群れをつくり、他の種と混群をつくることもあります。天敵から身を守ったり、エサをみつけやすくなったりします。なかまとは、さまざまな鳴き声を使い分けてコミュニケーションをとっています。

メスは産まれたあともずっと群れに残りますが、オスは性成熟の前に群れを離れていきます。

寿命は野生で 約20年、飼育下では約30~35年

食事

ダイアナモンキーは雑食で、花、果実、若葉、種子、樹脂、昆虫などを好んで食べます

 

最後に

現在、ダイアナモンキーの個体数は大きく減少しています。世界一美しいサルであるために、昔から乱獲されペットして飼われていました。

近年は森林伐採などで生息地を奪われ、この30年で群れの規模が3割減ったと言われています。

動物園でダイアナモンキーを見つけたら、おでこにある三日月の模様を探してみてください。

アキラ

はじめまして、動物大好きのアキラと申します。私の住む福岡県には動物園や植物園があり、月に1度は動物園を訪れます。今はキリンの子どもが産まれたので成長が楽しみです。このサイトでは動物・生き物についての情報を発信していきます。

アキラをフォローする
動物図鑑 哺乳類
スポンサーリンク
アキラをフォローする
地球生き物大百科

コメント

テキストのコピーはできません。