【ケープハイラックス|動物図鑑】ネズミのようなタヌキのような動物

ハイラックス目
スポンサーリンク

ケープハイラックス

ハイラックス目(岩狸目) ハイラックス科 ハイラックス属

  • 学名  Procavia capensis capensis
  • 英名  Cape Hyrax
  • 体長  38~60cm
  • 体重  1.8~5.5kg
  • 分布  アフリカ北東部、アラビア半島
  • 生息地 岩場
  • 食べ物 葉、草、果実

ハイラックスは、『イワダヌキのなかま』と呼ばれることもありますよ。

ケープハイラックスは、ずんぐりむっくりしていて耳の短いウサギのような見た目ですが、DNA解析や化石の研究からゾウの祖先に近いなかまと分かりました。

リン太郎
リン太郎

えーっゾウのなかまにしては小さいですね!

歯 2本の大きな犬歯けんしが特徴で、ネズミのなかまのようにずーっと伸び続けています。

ライオン先生
ライオン先生

下の前歯で毎日研いでいるので、伸び過ぎることありませんよ。

上顎の臼歯の形ははサイ、下顎の臼歯の形はカバに似ています。

足 前肢は指4本、後ろ肢は指3本。足のツメは、ゾウのひづめに似た平爪が特徴。

足の裏は肉球のようなクッションがあって、急斜面の岩場でも登ることができます。

後ろ足の第2指には鉤爪かぎづめがあって、毛づくろいするときに使いますよ。

毛 短い灰色の毛がびっしり生えています。

 

横浜動物園ズーラシアのケープハイラックスです。

 

岩場で日向ぼっこが大好き

ケープハイラックスは、海抜3300mまでの岩場に穴をほって生活をしています。

岩の上で毎日1~2時間の日向ぼっこをするのが大好き。

ライオン先生
ライオン先生

体温調節が苦手なケープハイラックスは、日向ぼっこして体を温めるんだよ。

敵を発見すると岩場のすきまにサーッと逃げます。

 

コメント

テキストのコピーはできません。