【アメリカバイソン|動物図鑑】北アメリカでもっとも体重が重たい動物

スポンサーリンク
動物図鑑
スポンサーリンク

 アメリカバイソン

クジラ偶蹄目 ウシ科

  • 体長  240~380cm
  • 体高  200cm
  • 体重  500~1270kg
  • 分布  アメリカ、カナダ西部
  • 生息地 草原
  • 食べ物 草、根、葉

別名は『バッファロー』『アメリカスイギュウ

アメリカバイソンは、北アメリカで最も体重が重い動物です。

オスの体重は1000kgを超えますが、走れは時速60km以上にもなります。

ウシ科は、クジラ偶蹄目のなかでも最大のグループ。

クジラ偶蹄目250種中、ウシ科の動物は約150種います。

 

アメリカバイソンの特徴

 オスとメスの両方に角があり、最長50cm。毎年生え変わるシカの角とちがって、抜け落ちることはありません。

 首から背中は、もじゃもじゃの厚い毛とたてがみが生えています。アメリカバイソンの毛は、断熱性がとても高いので寒い冬でも平気。

 アメリカバイソンの足の指の数は4本。

2本の大きな指(主蹄しゅてい)で大きな体を支えています。

ライオン先生
ライオン先生

ウシの祖先は指の数は5本だったんだよ。進化とともに指の数が減っていき、今では4本!

 ウシのなかまの多くは、胃が4つに分かれています。

食べて胃に送られた植物は、もう一度口の中にもどして噛みなおします。これは植物を効率よく消化すためで『はんすう』といいます。

  • 食べた植物は、の胃に入っていきます
  • 植物はの胃を行き来しながら、バクテリアの力をかりて消化
  • 消化しきれなかった植物は、から口の中にもどし噛みなおします。
  • 植物が細かくなったところで③→④の胃へと運ばれます。

 

絶滅危機から復活したアメリカバイソン

かつて、北アメリカの草原には、約5000万頭のアメリカバイソンが生活していました。

18~19世紀、狩猟が原因で絶滅寸前まで個体数が減少しましたが、狩りの禁止や国立公園ができたことで現在は約50万頭まで増加。

 

アキラ

はじめまして、動物大好きのアキラと申します。私の住む福岡県には動物園や植物園があり、月に1度は動物園を訪れます。今はキリンの子どもが産まれたので成長が楽しみです。このサイトでは動物・生き物についての情報を発信していきます。

アキラをフォローする
動物図鑑 哺乳類
スポンサーリンク
アキラをフォローする
地球生き物大百科

コメント

テキストのコピーはできません。