【オランウータン|動物図鑑】アジアで唯一のヒト科動物

スポンサーリンク
動物図鑑

サルのなかまは、脳が大きく知能が発達し、もっとも進化したグループです。

ヒト科(オランウータン、チンパンジー、ゴリラ)とテナガザル科は、類人猿とよばれています。

アジアに生息する唯一の大型ヒト科動物が、オランウータンです。オランウータンは、マレー語でオランは人、ウータンは森で「森の人」という意味があります。

今回は、オランウータンの紹介です。

スポンサーリンク

どんななかまがいるの?

オランウータンには、ボルネオオランウータンスマトラオランウータンがいます。

ボルネオオランウータンの個体数は、スマトラオランウータンの約10倍です。

オランウータン

サル目(霊長目) ヒト科

ボルネオオランウータン

  • 体の大きさ  オス140cm メス120cm
  • しっぽの長さ 0cm
  • 体の重さ   オス100kg メス50kg

オスの顔が丸く、毛色は黒っぽく赤褐色です。

スマトラオランウータン

  • 体の大きさ  オス140cm メス90cm
  • しっぽの長さ 0cm
  • 体の重さ   オス90kg メス45kg

顔は細長く、毛は長くて、毛の色はうすい赤褐色です。

生息地

東南アジア(ボルネオ島、スマトラ島北部)

オランウータンの特徴

フランジ

顔の両脇のでっぱりの部分をフランジといいます。

この部分が大きいオスのことをフランジオスと呼ばれます。とくに力の強いオスはフランジが発達して大きくなり、力の弱いオスは大きくなりません。

フランジをもつオスには大きなのど袋があり、膨らませることで体を大きくみせています。フランジオスは他のオスを威嚇したり、メスを気をひくために、ロングコールという大声をだします。

物がつかみやすい平づめ

サルのなかまの手は、親指と他の指が向き合うような形をしていて、物をつかみやすくなっています。

指のつめは人と同じ平づめで、小さい物をつかむのに役立ちます。

ゴリラやチンパンジーとちがい、オランウータンはナックルウォークをしません。

 

正面を向いたサルの目

サルのなかまの目は、眼球が骨でかこまれているので、哺乳類よりも目の動きが安定しています。

両方の目は正面を向いていて、距離を正確にはかるのに適しています。

 

オランウータンの生態

生活

樹上性が高く、日中は食べ物をさがしに枝から枝へ移動し、高い木の上から下りてくることは、ほとんどありません。夜は、毎日、折り曲げた木の枝で作ったベットで寝ています。

ボルネオ島には大きな敵がいないので、オスは地上に下りてきて移動することもあります。メスや子どもは、何週間も木の上から下りてこないこともめずらしくありません。

食べ物

雑食性で果実、葉、樹皮、花、鳥の卵、昆虫、小型哺乳類を食べます。

オランウータンは、あまい果実が大好きで、手と歯をつかって上手に皮をむき、果肉をとります。食べ物が豊富な時期に、たくさん食べて脂肪をたくわえます。

繁殖

オランウータンは、一夫一妻。妊娠期間は230~270日で、1産1子です。授乳期間は2~3年で、生後4~5年はお母さんといっしょに生活をしていきます。生後4年を過ぎると、お母さんの元を離れて生活をするようになります。7~10年で独立してしていきます。

メスは、子どもができると、5年間ほどは子育てに専念し、子どもは一人前になるまでは子作りをしません。

 

福岡の動物園でオランウータンに会えます

福岡市動物園

 

最後に

現在、オランウータンが生息する森は、プランテーションによる森林伐採や森林火災によって80%減少し、生活環境がどんどん悪化してきています。

密猟や密輸によってオランウータンの生息数は大きく減少し、絶滅の危険が高くなっています。

アキラ

はじめまして、動物大好きのアキラと申します。私の住む福岡県には動物園や植物園があり、月に1度は動物園を訪れます。今はキリンの子どもが産まれたので成長が楽しみです。このサイトでは動物・生き物についての情報を発信していきます。

アキラをフォローする
動物図鑑 哺乳類
スポンサーリンク
アキラをフォローする
地球生き物大百科

コメント

テキストのコピーはできません。