【セイウチ|動物図鑑】巨大な2本のキバ

スポンサーリンク
動物図鑑
スポンサーリンク

セイウチの特徴

ネコ目 セイウチ科

  • 全長  オス360cm メス260cm
  • 体重  オス1700kg メス1250kg
  • 分布  北極圏
  • 食べ物 貝、カニ、エビ、魚、アザラシ、イルカ

オスとメスともに、上あごに2本の大きなキバがあります。オスのキバは、メスに比べると長くまっすぐです。

オスのキバの長さは約1m

キバは流氷や陸へはい上がる時に体を支えたり、オスどうしの戦いで使います。

キバは、毎年約1cmずつ伸びていきます。

口の周りには、ヒゲに似た長くて敏感な毛が何百本も生えています。洞毛どうもうと呼ばれるこの毛は、食べ物を見つけるためのセンサーの役割があります。

セイウチの生態

メスは流氷を追いかけて、秋は南へ、春は北へ移動します。

オスは移動することなく、年中、北極南部で暮らしています。

オスは、繁殖期になるとメスの群れと合流します。繁殖場所をめぐってオス同士で争うこともあり、争いに勝った1頭の強いオスが、12月~3月に複数のメスと交尾をします。

メスは、春になると1頭の子どもを生みます。

アシカとアザラシに違いはあるの?見分け方は?
こんにちはー。アキラです。 水族館でも大人気のアシカとアザラシ。とてもよくにていますが、別のグループの動物です。 じっくりと見ててもなかなか違いが分からないですよねー。 リン太郎 アシカとアザラシは、...

 

セイウチは寒くなると白っぽくなる

普段のセイウチは茶色ですが、凍りつくほど寒い海に長い時間入っていると、体の色が白っぽく見えることがあります。皮ふの中の血管を収縮して血流を減らすことで、体から熱が逃げないようにしています。

また、暑い日には、体の色がピンク色っぽく見えることがあります。皮ふの中の血管を膨張して血流を増やすことで、体から熱が逃げやすいようにしています。

アキラ

はじめまして、動物大好きのアキラと申します。私の住む福岡県には動物園や植物園があり、月に1度は動物園を訪れます。今はキリンの子どもが産まれたので成長が楽しみです。このサイトでは動物・生き物についての情報を発信していきます。

アキラをフォローする
動物図鑑 哺乳類
スポンサーリンク
アキラをフォローする
地球生き物大百科

コメント

テキストのコピーはできません。