【ニホンザル|動物図鑑】世界でもっとも北にすむサル

スポンサーリンク
動物図鑑

サルは、大きな脳と器用な手をもち、哺乳類の中でもっとも進化をとげました。

サルのなかまは、哺乳類の総数5500種のなかで約350種います。

サルのなかまは、大きく4つに分類されます。

まずは、サルの分類を見ていきましょう!

スポンサーリンク

サルのなかまの分類と分布

現在、北アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアには、サルがいません。

原猿類

キツネザル

メガネザル

原猿類は、原始的な特徴をもったサルのなかまで、ベローシファカ、キツネザル、メガネザル、ロリスなどがいます。アフリカと東南アジアに分布

 

類人猿

テナガザル

ゴリラ

類人猿は、人にもっとも近く知能が発達したサルのなかまで、小型類人猿(テナガザル)と大型類人猿(オランウータン、チンパンジー、ゴリラ)がいます。東南アジアとアフリカに分布

 

新世界ザル

オマキザル

ゴールデンライオン

新世界ザルは、鼻のあなが外をむいているなかまで、オマキザル、クモザル、リスザル、ゴールデンライオンなどがいます。中央、南アメリカに分布

 

旧世界ザル

マンドリル

マントヒヒ

旧世界ザルは、鼻のあなが下をむいているなかまで、ニホンザル、マントヒヒ、マンドリル、キンシコウなどがいます。アフリカ、アジアに分布

 

今回は、国内の動物園でも人気の高いニホンザルを紹介していきます。

ニホンザル

サル目(霊長目) オナガザル科

  • 体の大きさ  オス54~61cm メス47~60cm
  • しっぽの長さ 7~12cm
  • 体の重さ   オス10~15kg メス7~13kg

ニホンザルは英語では『スノーモンキー』といいます。

 

生息地

ニホンザルは、世界でもっとも北にすむサルで、日本国内で2つの亜種に分かれます。本州、四国、九州に生息するホンドザル鹿児島県屋久島に生息するヤクシマザル(ヤクニホンザルまたはヤクザル)がいます。

ヤクシマザルは、ホンドザルとくらべると小さくて、体毛や足が黒いのが特徴です。

 

食べ物

春にはブナの葉、夏は昆虫、秋は柿などの果実を食べ、冬は木の枝をかじっています。ほほには、食べ物をたくわえることができる袋があります。

 

ニホンザルの特徴

赤い顔と赤いお尻

リン太郎
リン太郎

サルのおしりはどうして赤いの?

ライオン先生
ライオン先生

おしりが赤いのは、なかまを見分けるためだよ。

トラやライオンなど他の哺乳類は色がよく見えていません。ニホンザルなどのサルのなかまは、人といっしょで赤や青や黄色などの色が見えています。

ニホンザルで顔やお尻が赤いのは特に大人のオスで、なかまを見分けるための目印です。繁殖期になると、メスに気づいてもらうために、オスは顔やお尻を赤くして自分を目立たせようとします。

子どものお尻はピンク色で、まだ赤くありません。

 

ニホンザルのお尻には、白くなった「しりだこ」が左右にあります。座るときのクッションになります。

平づめ

サルのつめは、平づめです。ものがつかみやすいよう形になっています。親指とほかの指が向かいあっていることや平づめのおかげで、物をもったり細かい作業ができます。

イヌ科やネコ科のつめは、かぎづめです。獲物をつかまえやすい形になっています。

 

ニホンザルの生態

昼行性で、10頭前後~100頭の群れをつくって行動します。行動圏は10〜20kmほどで、たびたび人がすむ場所まで山からおりてくることもあります。移動しながら食べ物を探しています。

産まれたばかりの赤ちゃんザルは、産後3カ月くらいはお母さんの背中にのったり、お腹にだきつくようにして運ばれます。

 

福岡の動物園でニホンザルに会えます

福岡市動物園

 

アキラ

はじめまして、動物大好きのアキラと申します。私の住む福岡県には動物園や植物園があり、月に1度は動物園を訪れます。今はキリンの子どもが産まれたので成長が楽しみです。このサイトでは動物・生き物についての情報を発信していきます。

アキラをフォローする
動物図鑑 哺乳類
スポンサーリンク
アキラをフォローする
地球生き物大百科

コメント

テキストのコピーはできません。