【トナカイ|動物図鑑】サンタクロースのそりを引くのはオス?メス?

スポンサーリンク
動物図鑑
スポンサーリンク

トナカイの特徴

クジラ偶蹄目 シカ科

  • 体長   120~220cm
  • 体重   60~250kg
  • 生息地  北極圏(北アメリカ北部、ヨーロッパ北部、アジア北部)のツンドラ
  • 食べ物  葉、根、樹皮、地衣類、コケ類

トナカイは、北アメリカではカリブーと呼ばれています。カリブーという名は、アメリカ先住民ミクマク族の呼び名に由来し、シャベルですくうもの前足でかくものという意味があります。

北極圏は、年間の10カ月もの間、雪や氷におおわれた土地です。北極圏に生息するトナカイは、厳しい寒さから身を守るために、羊のような長い毛で断熱性を高めています。

低い緯度に生息する亜種より、高い緯度に生息する亜種の方が体は小さく、体の色は明るめです。オスとメス両方に角があり、角は毎年生え替わります。

幅広いひづめは、夏にはスポンジのようにやわらかく、冬は硬くなります。幅広い蹄は、泳ぐときや雪や氷をかき分けるのに最適です。走る速度は哺乳類の中でも速く、時速80km。

 

トナカイの生態

生活

トナカイは、エサをもとめて1000kmの大移動をしていいます。1年で5000kmを移動することもあり、陸生の哺乳類の中でも最大の移動距離です。

春と秋の季節は、オスとメスは別々に集団をつくり生活していますが、秋になるとオスはメスをめぐって争います。

夏は産まれたばかりの子どもを合わせると、8000頭を超える集団生活になります。

食べ物

葉、根、樹皮、地衣類、コケ類

繁殖

繁殖時期は9月~10月、妊娠期間は7~8カ月。5月~6月になると1頭の子どもを産みます。

 

サンタクロースのそりを引くのはオス?メス?

サンタクロースのそりを引いていのは、オス?メス?
シカ科のなかまのオスは、枝分かれした角があります。オスとメスともに角があるのは、トナカイだけです。
トナカイのオスは春に角が生えて秋~冬に角が落ち、メスは冬に角が生えて春~夏に角が落ちます。
クリスマスにサンタクロースのそりを引く冬の季節に角があるのは、メスかもしれません。
アキラ

はじめまして、動物大好きのアキラと申します。私の住む福岡県には動物園や植物園があり、月に1度は動物園を訪れます。今はキリンの子どもが産まれたので成長が楽しみです。このサイトでは動物・生き物についての情報を発信していきます。

アキラをフォローする
動物図鑑 哺乳類
スポンサーリンク
アキラをフォローする
地球生き物大百科

コメント

テキストのコピーはできません。