【ツキノワグマとヒグマ|動物図鑑】木登りや水泳が得意な動物

スポンサーリンク
動物図鑑

クマのなかまは、ジャイアントパンダをふくめて世界に8種います。

クマには、するどいツメと大きなキバ、そして時速50kmで走るすばやい脚ががあります

今回は国内に生息するツキノワグマとヒグマの生態を紹介していきます。

スポンサーリンク

クマのまかま

日本国内には本州や四国の山地に生息するツキノワグマと北海道に生息するヒグマの2種がいます。

環境省の調査では、ヒグマは北海道の約55%の地域、ツキノワグマは本州の約45%の地域に生息しています。

 

ツキノワグマ

ネコ目 クマ科

  • 体の大きさ  110~130cm
  • しっぽの長さ 8cm
  • 体の重さ   70~120cm

ヒマラヤグマやアジアクロクマともよばれています。

胸には白い三日月もようがあるのが特徴です。

 

ヒグマ

  • 体の大きさ  130~200cm
  • しっぽの長さ 6~21cm
  • 体の重さ   オス120~350kg メス50~200kg

国内にはヒグマの亜種エゾヒグマがいます。エゾヒグマは、国内の陸上動物でもっとも大きいです。

クマの生息地

ツキノワグマ

ツキノワグマは落葉広葉樹林が生息地です。国内では本州の約45%と四国の限られた地域にだけ生息しています。九州にも生息していましたが、50年ほど前から生息は確認されていません。

国内に生息しているツキノワグマは、30~50万年前の氷河期に日本がアジア大陸と陸続きだったころ、大陸から渡ってきたのではと考えられています。

ヒグマ

国内では北海道の約55%の地域に生息。ヒグマは森林が生息地ですが、木の少ない原野にも出没します。

 

国内に生息しているヒグマは、氷河期に日本がアジア大陸と陸続きだったころ、大陸から本州やサハリンをとおって北海道へ渡ってきたのではと考えられています。

  • 第1ルート アジア ⇒ 本州(日本) ⇒ 北海道
  • 第2ルート アジア ⇒ サハリン(樺太) ⇒ 北海道
ライオン先生
ライオン先生

地球上でクマが生息していないのは、アフリカ大陸です。

 

クマの食べ物

ツキノワグマ

ツキノワグマは雑食性で、主食は植物です。

冬眠明けのクマは、植物の新芽や若葉、ブナの実、ドングリを食べます。春には芽吹く若葉、夏にはアリやハチやサワガニ、秋には冬眠にむけてブナ類の実とナラ類の実(ドングリ)をたくさん食べます。甘いものも大好きです。

ライオン先生
ライオン先生

ホッキョクグマは肉食性です。

 

ヒグマ

ヒグマは雑食性で、主食は植物です。

冬眠明けのクマは、フキをたくさん食べます。植物が減ってくる夏にはアリやハチ、秋には冬眠にむけて果実やドングリを食べます。

 

【ニホンザル|動物図鑑】世界でもっとも北にすむサル
サルは、大きな脳と器用な手をもち、哺乳類の中でもっとも進化をとげました。 サルのなかまは、哺乳類の総数5500種のなかで約350種います。 サルのなかまは、大きく4つに分類されます。 まずは、サルの分類を見ていきましょう!...
【マレーグマ|動物図鑑】もっとも小さいクマ
クマのなかまは、基本的に肉食性ですが、ホッキョクグマ以外は主に植物も食べる雑食性です。 クマは、北極から熱帯地方までさまざまな環境に合わせて暮らしています。地球上でアフリカ大陸だけクマがいません。 今回は、クマのなかまの中で最も...

 

クマの生態

クマは、小さな音でも聞き分ける耳、犬のようにかすかなニオイでも嗅ぎ分ける鼻を持ち合わせた動物です。

目はあまり良くないので、聴覚と臭覚にたよって生活しています。臭覚は発達していて、数キロ先のにおいを知ることができます。

クマには縄張りがあり、25〜100㎢を移動しています。夏場は朝や夕方に出歩きます。

 

高い運動能力

  • 時速50kmで走ることができます。
  • するどいツメで木登りや穴ほりができます。
  • 水の中で泳ぐことができます。

 

クマの冬眠

クマがくらす山のなかは、冬はエサとなる食べ物がなくなってしまいます。クマは、冬にむだな体力を使わないように、穴のなかで冬眠するように進化しました。

クマの冬眠は別名「冬ごもり」といいます。

冬眠中の5~6か月の間、木の穴や岩穴で何も食べずに過ごすので、秋の間にたくさん食べて体に脂肪をたくわえます。

繁殖

ツキノワグマの性成熟は、オスは2〜4歳、メスは4歳。繁殖期は6〜8月で、妊娠したメスは冬眠中の1〜2月に出産します。1度に産むのは1〜2子。

アキラ

はじめまして、動物大好きのアキラと申します。私の住む福岡県には動物園や植物園があり、月に1度は動物園を訪れます。今はキリンの子どもが産まれたので成長が楽しみです。このサイトでは動物・生き物についての情報を発信していきます。

アキラをフォローする
動物図鑑 哺乳類
スポンサーリンク
アキラをフォローする
地球生き物大百科

コメント

テキストのコピーはできません。