【サフォーク|動物図鑑】特徴と生態

スポンサーリンク
哺乳類

ヒツジの家畜は、約1100年前から毛をとるために、人間に飼いならされてきました。

ヒツジの祖先は、アルガリ、ムフロン、ウリアルの3種の野生ヒツジではと考えられています。

野生のヒツジは毎年毛が生えかわるので、冬になると自然に毛がおちます。家畜のヒツジは毛が生えかわることがないので、春に毛をかってあげないと、毛がモコモコになりすぎて夏の暑さに耐えれません。

スポンサーリンク

ヒツジ(サフォーク)

クジラ偶蹄目 ウシ科 ヒツジ属

原産国 イギリス

  • 学名  Ovis aries
  • 英名  Sheep
  • 体長  70~80cm
  • 体重  80~150kg

黒い頭と足が特徴です。

ウシ科のなかまは約280種。ウシ科のオスには立派なツノがありますが、サフォークにはツノはありません。

最初は肉を食べるために家畜化されましたが、現在は毛をとるためにも利用されています。1頭につき1年で2.7~3.2kgもの羊毛をとることができます。

 

【バーバリーシープ|動物図鑑】特徴と生態
ヤギのなかまは、大きい体と長い体毛があり、山岳地や寒いところでも生活できます。バーバリ海岸という地域の名前から、バーバリーシープと名付けられました。 長くて立派なタテガミの様な体毛があるので『タテガミヒツジ』とも呼ばれています。 ...

コメント

テキストのコピーはできません。